【20代女性向け】Huluでダラダラ見られる懐かしアニメ特集

女性 リラックス

お家で1人ダラダラ過ごせる日には、ドラマや映画、そしてアニメなんかを楽しみたいですよね。

近年は定額制動画配信サービスが充実してきたので、選択肢は非常に豊富です。

その中でも特にアニメは、1話あたり25分程度と見やすく「映画を見る元気はない!」という方にもオススメです。

 

もしも”ながら見”をしてダラダラ過ごすのであれば、新規ストーリーの新アニメではなく、昔見た懐かしのアニメをみるのはいかがでしょうか?

今回は、人気定額制動画配信サービス「Hulu」で見ることができる、20代女子懐かしアニメを紹介していきたいと思います!

カードキャプターさくら(1998年)

“全てのこじらせの元凶”とささやかれつつある伝説のアニメが「カードキャプターさくら(初回放送1998年)」です。

小学4年生の主人公・木之本桜が、自宅の書庫で封印された魔法の本を発見し、本の中から飛び散ったクロウ・カードを探すというストーリーです。

 

原作はCLAMP先生の書いた漫画で、少女マンガ雑誌「なかよし」に連載されていましたが、アニメ化によりズバ抜けて人気が出ました。

これまでにも”魔女っ子もの”のアニメは存在しましたが、「カードキャプターさくら」は決してお子様向けではなく、メインの登場人物が小学生であるにも関わらずどこか耽美的であった印象を受けます。

 

桜ちゃんがクロウ・カードを捕まえに行く時のフワフワかわいい衣装はもちろん、制服や私服の細かい部分にもこだわられており、ちょっとオシャレに興味が出てくる女の子たちの心を鷲づかみにしました。

主人公の桜ちゃんをはじめとするキャラ人気も高いです。管理人は当初、桜ちゃんのお兄ちゃんである桃矢君が好きでしたが、「通はもっと違うキャラだろう」とこじらせた結果、月(ユエ)というキャラを好きになり、その後紆余曲折あって桃矢くんに帰ってきました……。

 

現在、待望の新章「クリアカード編」が、キャスト変更なしで放送中です! こちらもHuluにて追いかけ配信がされています。



ポケットモンスター(1997年)

ゲーム「ポケットモンスター赤・緑」の発売から約1年後の、1997年に初回が放送されたのがアニメ「ポケットモンスター」です。

当時、ゲームボーイでプレイできるポケットモンスターは男の子・女の子問わず絶大な人気を誇っていました。ポケモンのグッズを1つも持っていない子の方が、珍しかったかもしれません。

 

比較的初期アニメ版ポケットモンスターに登場するポケモンは、今のポケモンとは違い、全体的にフォルムがもちゃっとしていて可愛らしいです。ピカチュウも、ちょっとぽっちゃりしています。

ちなみにピカチュウの好物はケチャップなのをご存じですか? 容器ごとチューチュー吸っています。

 

ポケモン同士の熱いバトルが魅力の1つですが、ところどころ挟まれる感動的なエピソードも素敵です。

第39話「ピカチュウの森」や第136話「リザ―ドンのたに!またあう日まで!」など、大人になった今なら、余計にグッとくる話が多いのです。

ただ、現在は20話までしか配信されていません。今後さらに話数が増えていくことに期待です。

 

ちなみに、現在放送中の「ポケットモンスター サン&ムーン」もHuluにて配信中です。

主人公は初代アニメ版と同じサトシくんです。もう20年以上、ポケモンマスターを目指して旅をしているわけですが……。

ポケモンマスターへの道は険しい!



うる星やつら(1981年)

30代くらいの方は「うる星やつらなんて随分前じゃない?若い人は知っているの?」と思うかもしれませんが、夏休みの時期、朝早くから地上波で再放送されていて、それをちょうど見ていたのが20代の人たちです。

アニメの初回放送は1981年。37年も前のアニメですが、今でも幅広い世代に愛されています。

 

うる星やつらは、突然やってきた宇宙人の娘ラムちゃんと、浮気者男子高校生の諸星あたる、そして愉快(?)な仲間たちが繰り広げるドタバタラブコメディです。

しょっちゅう大破する学校や諸星家が、次の回で何事もなく修繕されているところがお気に入りでした。

 

基本的には1話完結なので、どの話から見ても面白いところがポイント。

不条理なギャグあり、お色気あり、ホラーあり、たま~に感動あり……と、ストーリーの振り幅が広いことが特長です。

「うる星やつらに似ているアニメはない!」と断言してもいいほど、いい意味でクセの強いアニメです。

 

当時の日本人の生活がアニメに投影されているので、20代の親世代からすると懐かしく、20代からすると新鮮に思われるところが多々あります。

あたるはナンパでゲットした女の子の電話番号を書き付けた手帳を片手に、公衆電話で片端からデートの約束を取り付けようとしますが、いまや公衆電話を使わなくなりましたよね……。

 

管理人のオススメは、第164話「悪夢の夏!テンちゃんのうな重大作戦!!」という話です。ラムちゃんのいとこのテンちゃんの可愛さを楽しむことができる回ですよ!

ちなみに”20代にとってリアルタイムではないけど再放送で見たことがあるかも?”というアニメ作品には、うる星やつらと同じ高橋留美子先生原作の「らんま1/2」などがあります。

アニメ「らんま1/2」も、Huluにて全話配信中です!



犬夜叉(2000年)

20代が子どもの頃によく見たアニメと言えば、「犬夜叉(初回放送2000年)」です。ちょうどご飯時(19:00~19:30)に放送されていたので、家族で楽しみにしていたという人も多いのではないでしょうか?

 

アニメ「犬夜叉」は、15歳の少女かごめが戦国時代にタイムスリップし、妖怪と人間のハーフ(半妖)の少年・犬夜叉と出会って、あらゆる願いを叶えると言われている”四魂の玉”の欠片を集めるというストーリーです。

 

ちょっと血なまぐさい描写もありますが、日本の民族的な話に興味があったり、妖怪話が好きな人から人気が高かったです。

キャラ人気も高かったですが、死んでしまった恋人・桔梗とかごめの間でどっちつかずの態度を取る犬夜叉にちょっとイラッとした方も、多いかもしれませんね……!

 

実は、2000年から放送されたアニメ「犬夜叉」は、途中で原作に追いついてしまったために、中途半端なところで終わってしまったことを覚えていますでしょうか?

当時「最後まで観たかったのに!」と悔しい思いをされたかもしれませんが、実は2009年に原作の最終話までを描いた「犬夜叉 完結編」が放送されました。

 

このアニメ「犬夜叉 完結編」も、Huluにて配信されています。初期「犬夜叉」と含めると、話数は多めなので、連休中のお楽しみにいかがでしょう?

 

ちなみに、2018年1月に成人を迎えた新成人の皆さんは、アニメ「犬夜叉」放送時、わずか2歳前後。

アニメ「犬夜叉」の想い出が無いので、振袖に羽織るフワフワのことを”殺生丸”と言わないそうです。大きなジェネレーションギャップを感じました……。



名探偵コナン(1996年)

アニメ「名探偵コナン」といえば、2018年の今もなお愛されている国民的アニメですが、「まだコナン君の顔がまんまるだった頃くらいの懐かしエピソードを見たい!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

あるいは、伝説のコナン君の真顔パラパラをもう1回見たくなるかもしれません。

 

Huluでは、なんとコナン君が小さくなってしまった第1話から、シーズン20の第798話まで配信されています。(2018年1月12日現在)

暇な時間を持て余している時でも、退屈しませんよね。

アニメ「名探偵コナン」は2~3話で終わるお話が多いので、気になるエピソードから適当に見るのがいいでしょう!

ちなみに、アニメというか原作がそうなのですが、初期のコナン君の被害者は殺され方が若干怖いです。

 

「コナン君の真顔パラパラも合わせて見たい!」という方は、アニメの205話から230話を見るといいですよ。



まとめ

アニメ見る女性

以上、20代の女子にオススメしたい、1人でダラダラ見れるHuluの懐かしアニメ特集でした!

1人でゴロゴロしながら、あるいは1人で晩酌をしながら、楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

Huluは、2週間無料でおためし登録できます。

お試し期間中の解約も無料なので、無料の期限日さえ忘れていなければ安心です!

気になる方はぜひ、試してみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です